スポンサーリンク

被害者になる勇気

 

今日もお仕事お疲れ様です、姫姉様です♡

 

ほとんどの人が働いてるとは思いますが、性格がヒン曲がったババアや、下品極まりない糞ジジイとかの妖怪と、人類平等の体を守り一緒に働かなければいけない時がありますよね。

 

自分は平和に過ごしたいのに、もし向こうから危害を加えられたら、あなたならどうしますか??

 

泣き寝入りの選択

 

相手に報復して血祭りにあげることができる人は何も心配することがないです。今後も頑張って乱闘を繰り広げてください。

 

【泣き寝入りする】タイプの人は日本人では多いと思います。

 

 

  • 自分さえ我慢すれば良い
  • いつか嵐が過ぎ去っていくのを信じる
  • 別の誰かが告発してくれる
  • 周りの人が分かってくれてたら良い

 

 

自分だけで問題を抱え込むタイプの方。本当に最善の方法でしょうか??

 

他の被害者が出てしまう

 

結論から言えば、自分さえ我慢すれば良い選択肢は、加害者に成功体験を与えてしまうし、新しい被害者を出してしまいます。

 

遠回しに加害者の迷惑行為を応援して加担してる形になります。本来は被害者で憐れむべきなんでしょうけど、一声を上げずに我慢我慢で黙ってることは、加害者の愚行を許してることになります。

 

 

いっぱい被害者が出てから、声をあげるのを待ちますか?けど、会社側は大量の被害者が出てから大きい問題を挙げられるのは困るんですよ。問題が小さいうちに原因を摘んでおきたいものです。

 

被害者が自分一人の段階で声を上げて構わないんです!一人で耐え忍んで欲しいと誰も望んでないですよ。

 

もし我慢して欲しいと頼まれたら、そこの人事は無能です!誰かに我慢させて表面上の平和を保つ事なかれ主義の人間とか大嫌いだからな!(主観)お前みたいな卑怯な奴が人間を管理する仕事をするなんて、100万年早いんだよ!●ネ!

 

 

問題を提訴するのに時間もかかるし、メンタルが削れるしストレスが半端ないです。人間関係も変化するでしょう。勇気も必要になります。

 

けど自分のヘタレを理由に、「他の人が同じ目に合っても良いんですか?」って話ですよ。だから問題が大きくなるまで黙って我慢するは悪手です!

 

 

周囲の人は性格が良い優しい善良な人なんて思いません!「戦え、このヘタレ!」って内心思ってます。みんな他人の争いごとを見るのが大好きではある

 

自分の代わりに他の人が文句を言ってくれる妄想する人がいます。けど、実際問題は被害者本人が訴えなければ誰が言いに言っても棄却されます。自ら被害者だと動かなければ意味がないのです。

 

「みんなが迷惑だから~。他の人はこう思ってる」じゃなくて「私は迷惑を受けた!ものすごい不快だった!」と主張しましょう。

 

被害の訴えは他人のためでもある

 

大したことない下ネタだったら多少はスルーしてあげても良いけど、限度が超えた下ネタもあるじゃないですか。どうしようもないクズだとは思って流しそうになりますが、特別に不快だと思ってなくても、半ギレで愚行を密告するようにしてます。

 

 

  • 「私は下ネタに寛大な女です」とアピールしたいですか?
  • サバサバした楽しい女と男どもに評価されたいですか?
  • 男の悪ふざけに乗っかって仲間意識を深めたいですか?

 

 

しかし、そういう冗談が不快で苦痛だと思う女性がいます。そういう女性の存在をノリが悪い、心が狭い、潔癖扱いにして良いんでしょうか?

 

私は日ごろから下ネタを言うのがライフラークですが、同性として苦痛さに理解を示すべきだと思います。自分が平気でも、秩序が乱れることに加担してはいけないし、時に無駄に被害者ぶります。私が許したら被害が拡大するだろうが。

 

 

なので職場では絶対に下ネタは言いませんよ。ブログでは書く

 

  • ×「下ネタ大しゅき♡ガハハハ!!」
  • ◎「いやらしいこと言われて傷つきました(இ﹏இ`。)

 

 

乙女ぶるのが正しい対応です。調子ぶっこいた人には社会的制裁を受けてもらうのが筋だと思います。セクハラに厳しい現代で、サークル感覚で下ネタを言ってくるほうが悪いんです

 

  • 会社の品位と秩序が保たれる
  • 下ネタ言った側が制裁を受けて社会的に矯正される
  • 他の女性への被害が減る、苦言を言いやすくなる

 

みんな良い方向へ行って、ニコニコのハッピーエンドではないですか。

 

最後に

 

自分が被害を訴えるなんて無理。我慢したほうがラクだと思う女性も一定数いるのも知っています。

 

長期戦になるでしょうし、体力も気力もガリガリ削られるし、相手の出方が気になるし怖いし、悩みが増える行為でもあります。他人のプロレスは観てて楽しいですが、自分がリングに上がって戦うのは誰だって億劫です。

 

 

戦いなんて絶対にイヤだから我慢する選択肢をすることが逆に自分を守ってる人はいます。それはそれで仕方がないです。しかし多少の正義感が沸いてきたという人は、勇気を出して訴えてみて欲しいです。

 

 

全てが思い通りにならないし、正直に言えば大変です。私も本来は平和主義なので胃がキリキリします。けど、それが正義だと信じてるし、自分に対する誠意です。

 

この記事が誰かの心に引っかかれば幸いです。