スポンサーリンク

内省する人は結婚が遅い理由

ハリネズミ

考えごとが多くて、頭皮が固い姫姉様こと堀居みきです♡

 

自分のことをよく考えることを内省(ないせい)と言うんです、なぜか内省する人ほど男でも女でも結婚が遅いです。

 

見た目が良くても、性格が良くても、恋人がいようが、内省する人は揃いも揃って晩婚傾向もしくは結婚しないことが多いです。

 

今回は内省する人の話をします。

 

内省する人の結婚が遅い理由

内省する人の特徴

 

  • 空気が読める
  • 見た目は目立ちすぎずオシャレ
  • ウザくない親切さ
  • 適度な距離感を保つのが上手い
  • 会話のキャッチボールができる
  • 話が面白いし、よく考えられている
  • 反省をできる
  • 自己中じゃない

 

内省する人は見た目も内面も良い人が多いし、結婚に向いていそうな感じがします。派手ではないけど、普通に恋愛経験を重ねてきているし、決してモテないことないです。

 

条件だけ見たら完璧です。

 

しかし結婚がやたら遅い、もしくは結婚をしない人が男でも女でも多いのです。

 

距離感の保つのが上手いのが弱点

内省する人は一緒にいて快適ですよ。常にウザくない距離感を保ってくれて快適な状態を提供してくれます。ボッチ大好きな私的には神対応です。

 

けど、ウザくない距離感をずっと提供するということは、どこかでずっと他人ゴトなのです。いつまでも心の距離が縮まりません。心にバリアを張られているようなものです。

 

 

風邪を引いたって事後報告だし、家に突然やってきて迷惑をかけて来ないし、泣きわめいて家具を破壊しない、電話を何回もかけてくるストーキング行為もしません。

 

 

人畜無害で善良なはずなのに。

悲しみや怒りとは無縁なのに寂しいのです。

 

結婚とは家族になるということだけど、すなわち身内になるということです。

お互い好きになって交際をはじめても、身内になれずに、他人と他人のまんまであることが多いのです。

 

  • 他人に迷惑かけるのが苦手
  • 本心を口に出したくない(こういう人マジでいます)
  • 自己完結型で言う必要がないと思っている
  • どこか遠慮して心を踏み込めない
  • 慎重すぎてリスクを取らない
  • 考えすぎて未来を先読みしすぎる
  • よって他人といるとストレスを感じやすい

 

 

上記の理由で、内省する人ほど結婚が遅いです。

 

DQNのほうが結婚が早い理由

逆に結婚が早い人はどんな人でしょうか?

 

美男美女どころかブ〇イク、性格も歪んで、貧乏な人でもブリブリ子供を産んでいる人も混ざっていますね。

 

「親としてどころか人間としてどうよ?」という人でも結婚して子供を持つ人はゴロゴロいます。子供を虐待して逮捕される事件は多いですし、「お前が親になるな」とTVの前で叫んだ人は多いことでしょう。

 

逮捕される人は大抵が子供をブン殴りそうな人相をしているので、意外性がないんですよね。

 

人間としてどうやねん、と思いつつも、そういう人の方が他人の心に踏み入れるのが上手いんですよ。家の中を土足でズカズカ入っていくことを簡単にします。

 

 

つまり、身内になるのが上手いんですよ。

 

「迷惑だなー、遠慮しろよ」と思いつつも、心を許す人はいるでしょうし、嬉しいと感じる人もいるでしょう。

 

なのでDQNのほうが心に入るのが上手いんです。

 

 

計画性や気配り、下手したら金もないので、家庭はグチャグチャになることは多いですが、人間関係を最初に築く上でヒントになると思います。最初だけ。

 

最後に

「内省する人同士で付き合えば良いじゃん」と思うけど、良い友達にはなれるでしょうけど、動きがないので発展していくのは難しいでしょう。

 

恋人になる段階で、多少は心を踏み込む行為なので、壊れないように距離感を開けたままにすることも多いようです。

 

 

なので実際の恋愛は、片方が歩み寄るタイプが多い気がします。

 

 

遠慮とかしない強引パワータイプの人と意外に相性が良いです。内省する人は、自分は遠慮する癖に、他人に侵害をされるのを受け入れる人が多いからです。

 

はたから見たらドMです。

 

 

「性格が良くて、顔も良いのに、結婚してないのは何故?」と思う人ほど内省タイプかもしれません。

 

周囲にそのような人が、ゴリ押しして、無理やり婚姻届けにハンコを押させても良いかもしれません。彼らは結婚相手としては適性が高いので、オススメではあります。

 

なりゆきで、結婚することになったとしても、将来の子供のことや、家庭のことを真面目に考えてくれますよ。

 

あまりに強引にいくと、ハイストレスで逃げ出す可能性があるので要注意です。