スポンサーリンク

手作り化粧水なら激安!!全身使えて便利!

手作り化粧水

 

お肌のメンテナンス代をケチりたい皆さん、こんにちは!

手作りで化粧水を作ったことはありますか??

 

節約になるというのはもちろんですが、全身に使えるとうことで重宝してます!!

 

今回は作り方を伝授します!

 

 

 

 

手作り化粧水の作り方

手作り化粧水の材料

  • 水道水
  • グリセリン

 

私が作る化粧水はこれだけです。

 

ドラッグストアで売ってる精製水ではなく、普通の水を使ってます。

塩素が入ってる水道水のほうが日持ちするのもあるし、安いからです。

 

グリセリンの他に尿素もいれても良いですが、面倒くさいのと、名前がイヤだという理由でカットしています。

 

グリセリンも尿素も保湿効果の目的で入れるものなので、片方だけで大丈夫でしょう。

 

 

ちなみにグリセリンも尿素もドラッグストアで350円~から売ってます。

多すぎたら使い切れないので、一番小さいサイズにしてます。

 

念のための冷蔵庫で保管してます。

 

手作り化粧水の分量

グリセリン:水=1:9 くらいのバランスで調節します。

 

グリセリンの濃度が5~10%くらいになるのが良いらしいです。

 

入れすぎると逆に乾燥するらしいです。

面倒くさいので目分量でテキトーです。

 

 

防腐剤とか入ってないので、一か月以内に使い切るか、少しずつ作ってその都度新しいものに作り替えることをオススメします!

 

要領を覚えたら簡単です!

 

手作り化粧水は全身に使える!

 

化粧ボトル

手作り化粧水は成分がシンプルなのでカラダのどこを使っても問題がないのが魅力です!

 

私は主に髪への保湿目的で使ってます。

 

顔やカラダや髪へのケアをパーツごとに買うと、持ち物が増えてウザいので、手作り化粧水で頭から足のつま先まで全身を一つで使ってます!

 

締めにワセリンでパックしたらお終いです!

 

お手入れは雑すぎますが、お陰で頑丈なお肌になりました。

 

節約派とズボラ―派に手作り化粧水はラクなのでオススメです!!

 

買うのはグリセリンだけなので、出費は350円です!

1年くらいかけて使い切るのでコスパが良いです!

 

 

 

★関連記事★