スポンサーリンク

恋愛工学!「ぼくは愛を証明しようと思う。」を女が読んだ感想文

ぼくは愛を証明しようと思う

恋愛工学というのをご存知でしょうか?

 

いかに女性の心をキャッチして身体に関係に持ち込むかと言うナンパのハウツーみたいなもんです。

 

ネットでも賛否両論が激しくて話題になった本なのですが、ものすごく参考になった反面恐ろしい本だと思ったので、今回紹介しますね!

 

 

「ぼくは愛を証明しようと思う」の雑なあらすじ

27歳のワタナベくんは女の人に一生懸命尽くすも酷い仕打ちばかり受けて裏切られてばかりの非モテ男子。ある日、モテ男の先輩の永沢さんに恋愛工学を教わります。

 

恋愛工学を実践していって、ワタナベくんは次第にナンパに成功する人数が増やして、女性に冷たくされる非モテ男から、女性から激しく求められるモテ男へと変貌していくストーリーです。

 

物語形式になっているのが、イメージがしやすくて読みやすいです。

 

恋愛工学のハウツーについて

もし自分が恋愛工学を男性にかまされたら、

「この人ステキ(♡▽♡)」とキュンとすると思います。

 

恋愛工学のテクニックは、そのくらい女性のツボを押さえているということです。

 

さりげない優しさ、聞き上手なとこ、適度な強引さとかなど、女性にとってたまらん胸キュンポイントが多いですね。

 

恋愛工学を正しくやれたら、男性はモテモテになれると思います。

 

ネットにいる一部の自称・恋愛工学をやってる男性は、文章をそのまま読んだだけで、本質をまったくわかってないので、キモくなるんだと思います。この辺に関しては著者の藤沢さんが「お気の毒に…」って感じですね。著者は読者を選べないですからね。

 

本質を理解して読めば、恐ろしく本質を突いた恋愛本です。

 

女性は女性で、自己防衛のために恋愛工学のやり方を知っておくと良いですね。

 

恋愛工学をかます男性への対処法

恋愛工学通りの男性だったら非常に魅力があるので、本能がグラグラしますが、遺伝子の命令に従って彼の誘いに乗って速攻で身体の関係を結んだら、女性は悲しい思いをするでしょう。

 

「ぼくは愛を証明しようと思う。」では沢山の女性が登場しました。

 

ワタナベくんに口説かれて抱かれて、ページを進めると女性の名前が何人も消えていきました。いっぱい登場する割に誰も印象に残らないです。

 

主人公のワタナベくんの記憶にも読者の印象にも残らない女たちの一人になってしまうことは悲しいことです。

 

恋愛工学は無理やり部屋に連れ込んで監禁する強引な方法でなく、口説いて女性を良い気分にさせて部屋に誘い込むので、部屋に行くかどうかは女性の意思に委ねられてます。

 

男性は誘うけど、女性は逃げようと思えば逃げれるし、いくらでも断れる隙があるのです。ワタナベくんと寝た女性達は結局自分の意思でワタナベくんに抱かれることを選んでます。

 

彼がいくら素敵でも一緒にいたいと願ってしまっても、自分を律して突っぱねることが恋愛工学に対抗できる唯一の方法だと思います。要は自分との戦いです。

 

「ぼくは愛を証明しようと思う。」は女でも勉強になる

町全体を無料のソー●ランド呼ばわりしたり、女性にランクを付けたりヒンシュクを買うような描写は多々ありますが、私はとても興味深かったし勉強になりました。

 

最初はタイトルがキモイと思いましたが、最後まで読んだらしっくり来ます。

 

途中で読むのを止めたら、ただのヤ●チンのサクセスストーリーという印象で終わるので辛抱強く最後まで読んでほしいと思います。

 

「展開が浅い、内容がチープ」という批判がありましたが、本の内容が浅くてチープなのでなくて、現実が浅くてチープだと思います。

 

ご都合的主義で非現実的な話どころか、ありそうな話だと思い高く評価してます。

男性向きの本ですが女性が読んだ方が良いと思いました。

 

恋愛工学っぽいなーと気付いたら対策いくらでも打てますからね。

 

恋愛工学でも良いからモテる男性が増えて欲しい

男性が恋愛工学をすることによって女性である自分が遊ばれて捨てられてしまう可能性が出てきますが、それでもモテない男性は恋愛工学を参考にして欲しいです。

 

何故ならば前半のワタナベくんに酷い扱いをした女性側の気持ちが分かるからです。

 

良い人なんだけど、必死なのがなんか余裕がなくてカッコ悪いし、気持ちが重くてねっちょりして気持ち悪いと感じてしまいます。

 

序盤のモテないワタナベくんには罪はないし、いけない感情だと自覚があるんですが大事に想えないです。

 

なので私は恋愛工学に対しては肯定的です。

 

遊ばれるかどうかは女性の自己責任だと思います。女性に一服盛ったり、無理やり迫ったりしたら問題ですが、そんなことしてないです。

 

女性を誘うけど、YESの返事を出すのは女性の意思です。NOを出した女性には深追いせずに逃してくれます。女性にも選択肢があって意思を尊重してくれるのが良心的だとさえ思います。

 

だから、この本が責められるのは、お門違いだと思いますね。

賛否両論がもりだくさんの話題作だからこそ、一度読んで確かめてみて下さいね。