スポンサーリンク

サバエとヤったら終わるの考察

サバエ

【サバエとヤったら終わる】をご存知でしょうか?どうもヒメネー様です。

 

下ネタ系ギャグ漫画なんですけど、ヒロインのサバエが現実的にいそうだなと思ったので記事にすることにしました!

 

なお、シリアス目線は読み方を間違えてるので、サバエの世界観を壊されたくない人はブラウザバックしてくださいね!

 

サバエとヤったら終わるとは?

主人公の宇治とサバエは大学の同級生。サバエはガサツで下品で男みたいなノリで接してくるけど、豊満なダイナマイトバディなんですね。

 

サバエの際どい発言と行動で、宇治が性欲と理性の間で葛藤するという下ネタ強めギャグ漫画です!

 

サバエみたいな女

サバエ

サバエみたいにガサツで下品な悪ノリしてくる女は現実にもいます。大学だと割と見かけるキャラクターです。(なぜか女子高生を卒業すると下品化する人は一定数いる)

 

 

宇治に対してだけサバエは際どい言動するのは、サバエが宇治が好きだからだと思います。そして下品なコミュニケーションしか取れないサバエはコミュ障でしょう。

 

 

下のことでしか男性とコミュニケーション取れない女は立派なコミュ障ですよ。宇治のこと好きだったら普通に接すれば良いのに、際どいことして宇治を気を引こうとするサバエは痛い女ですよ。

 

 

サバエみたいな女は大学生くらいの年代からはサバサバしてるという評価を女子からもらいやすいですが、社会人にでもなると女性から嫌われやすいキャラだったりします。

 

 

大学の時は下ネタが面白くて万能でしたが、社会人になる頃には下ネタに慣れてるし、下ネタを言うくらいで爆笑できないんです。不自然で下品で男に媚びてるからです。私もどっちかといえばサバエみたいな女は嫌いですね。

 

 

30歳のサバエみたいな女性がいましたが、周囲から浮き、謎にハイテンションで下品すぎる言動が見てられなかったです。男友達からセクハラされまくりでしたし、本人も面白がってるとはいえ、痛々しいと思って遠くから見てました。

 

「A男(不潔ブサイクDTオジサン)と一回でも良いからやってくれ!」と、イケメン男子に土下座されて頼まれてました。地獄。

 

 

漫画のサバエは若いので途中で変わる可能性があるので救いはありますが、30近くでサバエ感がある女は本当に地獄だなと思いました。

 

宇治との恋愛

サバエの桜井さん

 

宇治には好きな女の子がいます。桜井さんという清楚系の女の子です!モテる女の子のテンプレみたいな女に片想いをしてるんです!

 

しかも宇治と桜井さんはコミュニケーションをまともに取ったことはあんまりありません!宇治が桜井さんと遠くで見てるだけで好きなんです!見た目だけで好きになるのは男性の恋愛でよくあることです。

 

 

隙間時間には桜井さんと楽しいデートを妄想したり、クリスマスに桜井さんは何をしてるんだろうと思いを耽ったりしてます。サバエのことを考えてるシーンはほぼないです。

 

桜井さんのことを考える宇治

 

桜井さんを考える宇治

 

男の心情をよく表してると感心するけど、私がサバエなら泣きます。ちなみに宇治が桜井さんのことが好きなのはサバエは知っています。

 

宇治とサバエ

 

宇治の気持ちを知りつつ、自分の気持ちに正直になれず、下品な悪ノリでしか好きな男と関われないと思うとサバエは健気で気の毒な女だなと思います。

 

作者のさじ加減次第ですが、サバエが宇治に好意がなかったら、サバエが宇治に誠心誠意の謝罪するか、3回くらいやらせてお詫びするかくらいのことやってると思います。

 

 

サバエは漫画の世界の話ですが、リアルの世界だったら宇治はサバエとさっさとヤッてしまって、何となく付き合ってるみたいな状態になってダラダラ付き合うカップルになってるでしょう。

 

リアルサバエにとってはハッピーエンドなのでしょう。男性は遠くの薔薇より、近くのタンポポに行きがちです。手身近な女に落ち着くのが常です。宇治は地味ですが周囲の人間から愛されてるし、良いやつなのでサバエの男の趣味は悪くないと思います。

 

 

サバエとヤったら漫画は一瞬で最終回を迎えるので、しばらくは悪ノリ風の駆け引きは続くでしょう。現実はもっと呆気ないし、だらしがないものです。

 

最後に

【サバエとヤったら終わる】は女性目線から見て面白いことは何もないと思います。セクシーな笑いが欲しい男性向けのギャグ漫画。フェミニストが激おこしそうな内容なので、見つからないことを祈るばかりです。

 

 

男しか笑えないという点が、サバエが女に嫌われやすい理由が凝縮している気がします。女性で楽しめてる人もいるとは思いますが、どういう心情かは私にはわかりません。

 

1巻はKindle Unlimitedで読めるので、興味がある人は目を通してください!